日常を淡々と描い

社会の目まぐるしさから離れた日記

おもしろかったもの

 

 

 

世界の終わり、素晴らしき日々より (3) (電撃文庫)

世界の終わり、素晴らしき日々より (3) (電撃文庫)

 

 iTunesがアップデートを始めたので、その時間で読書メーター

dengekibunko.jp

でもやってみるか、と思って、上の本を登録してみました。

 上の本は一昨年か去年かそれかもっと前に、買ったものです。

 読書メーターは、世界の終わりウンヌンを登録したところで不毛さを感じたので辞めました。読書メーターでは、自分が好きになった本に対する否定的な感想も含めて、他者の感想を見ることができてしまうからです。僕には向いていないと思いました。

 

 「世界の終わり、素晴らしき日々より」について、かんたんに述べると、世紀末な終焉の地で表紙に佇む女の子ふたりが旅をするというお話です。女の子以外も出てきます。僕は背の高いほうの女の子(名前をコウという)がすきです。

 

 主人公達が旅をする各地の風景や空気感、あるいは空間の匂いみたいな目に見えない感覚が頭の中に広がって、主人公たちと一緒に旅をしている感じがあって良かったと思いました。違ったらすいません。