日常を淡々と描い

社会の目まぐるしさから離れた日記

ひっそりと本音こぼし日記

健康診断に行きたくない。自分の体の問題から目を背けたい。健康に気をつけて生活しても、甘んじて不健康な生活をしているとしても、病気になるときは、なる。不健康だけど楽しい生き方をして、死ぬ時はポクっと死ねればいいと多くの人は考えていると思うけ…

縁は影よりも強く

縁は影よりも強く、自分と結びついている。というわけで (以下純文学気取りの読みにくい文章) 自分は一昨年頃、ひどく精神を病んでいた期間があった。今回のブログは、そのこと自体についてでは無く、むしろ、その時の自分が現在の自分と連続的に繋がって…

2017.10.9

こんにちは、最近露骨に思考が遅れている僕です。これを書いている間も脳内のニューラルネットワークが泥になっており、いよいよAIによるパラダイムシフトがやってきた時には思考力を失い世界を支配する巨大管理システムのエネルギー源として生体電気をロボ…

人生を売れるタイプの人

穂村弘の「整形前夜」というエッセイを買って読んだ。 自分の人生を綴った本を、お金を出して買ってもらえるということがスゴイ、と思った。今どき、twitterやインスタグラムを見れば他人の人生の面白いところをタダでいくらでも見れるのに、この人の人生を…

映画を観たという話

先日、始めて4DXを体験しました。観たのはパイレーツ・オブ・カリビアン(最後の海賊)。 公開日の翌日に予約をして、観に行って、4DXについてのfirst-impressionは正直、座席の揺れや水しぶきなどの特殊効果はむしろ(特に神経質な人間にとっては)、映画への没…

2017.06.10

知り合いがこの街を案内をしてくれることになって、神保町に行ってきた。興味があっても、ひとりで新しいところに行くのはこわいので、良かった。 まったく写真を撮らなかったけど、(写真が)無いと寂しいかもしれないから買ったもの↓ ケストラー著の思想書「…

ヒーローになりたい

金曜ロードショウでウルヴァリンを観て、心の底から憧れて、自分もローガンみたいになりたいと思った

おもしろかったもの

世界の終わり、素晴らしき日々より<世界の終わり、素晴らしき日々より> (電撃文庫) 作者: 一二三スイ 出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 発売日: 2014/05/28 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 世界の終わり、素晴らしき…

その時はテンションが上がっていたので面白いと思ってやったことを、後日思い出すと、大変に恥ずかしい気持ちが溢れてきませんか。僕は溢れてきます。 美容院に行くと、毎回、何故か人生相談をしてしまったりはしますか。僕はします。先日もしました。美容院…